車検のタイミングで車を買い替えるオーナーも多いですが、うっかり車検が切れてしまった車でも買取で売却できます。
車検が残っている車と比べると、少し手続きが多くなるのは覚悟しましょう。
ですが、わざわざ車検を受けてから、買取査定を受けても車検に掛かった費用以上に査定額が高くなる事はありません。
車検が無い車の売却方法は、どのような流れなのかを理解しておきましょう。

車検が切れた車でも買取で売ることができるのか

ポイント

車検が切れていても査定を受けて車を売却できる。

車自体の査定評価は車検の有無に関係ない。

車検切れの車は受けられる買取査定が限られる

車検切れの車を査定してもらう場合、公道を走る事はできないので、買取店への持ち込みは出来ません。
一括買取査定を利用して、出張してもらう事になります。
仮ナンバーを取得すれば、公道での走行も可能ですが時間とお金がかかるので出張査定をオススメします。
出張査定はすべて無料なので、コストもかからずに便利です。

車の状態によって査定依頼する業者を変える

車検切れの車といっても、動く状態の車で売却先を探している間に車検が切れたのか、動かない車をしばらく放置してあったのかによって査定してもらう業者を選ぶ必要があります。
動く状態で単純に車検が切れているだけの車なら、一般的な買取店の出張査定や一括買取査定を受けましょう。
車検が切れている車でも、車の状態を評価する基準は通常と同じです。
車検切れが理由で、車自体の評価が下がる事はありません。
車の程度が良ければ、高額な査定額の提示を受けられます。
車庫に長年放置して動かない車の場合、一般的な買取店の査定より、廃車や不動車専門の買取業者に査定を依頼しましょう。
中古車として販売が無理な車でも、部品をリサイクルし輸出するなど、まだまだ利用価値があるので、廃車費用を掛けずに車を処分できます。

無理に車検を通しても査定額はそれほど変わらない

車検を受けた方が、査定額が高くなるならとお金を掛けるよりも、車をキレイにしてから査定依頼しましょう。
車検代は税金なども含めると10万以上になる事が多いですが、車検の有無で10万以上査定額が高くなることはありません。
車種・年式・走行距離にもよりますが、車の状態が良ければ高い査定額で買取してくれる業者もいます。