事故で修理した車でも、買取してくれる業者はあります。
しかし、事故車を中古車として販売しても、次のオーナーが見つかるまでには、時間が掛かる事が多いので買取査定額はかなり低くなるでしょう。
ですが、事故車や全く動かない不動車を専門に買取する業者もあるので、高額で修理して乗るか廃車にするか迷っているなら一度査定を受けてみましょう。

事故車や不動車でも買取してもらえるのか

ポイント

買取査定では修理箇所によって事故車扱いになる。

修復歴車でも必ず、買取してくれる業者はいる。

ぶつけたり、事故で修理した車すべてが事故車ではありません

買取査定においての『事故車』とは、ぶつけたりして修理した車ではなく、査定基準に定められた走行に支障をきたす部分を修理した『修復車』の事をいいます。
主には、フレーム(サイドメンバー)・クロスメンバー・ダッシュパネル・ラジエータコアサポートなどフレーム部分やボディの重要部分になります。
バンパーを交換したり、ドアをぶつけて板金したりなど簡単な修理を行っても、買取査定で事故車扱いにはなりません。
但し、事故車としてのマイナス査定にはなりませんが、キズの修復に関しては多少査定が低くなることが有ります。

修復歴車は査定額が大幅にダウンする

買取では、事故車として扱われる修復歴車の査定額は、大幅なマイナス査定になることを覚悟した方がよいでしょう。
中古車で販売する時に、『修復歴有り』と記載される為、販売店にとっても売りにくい車となり仕入れる業者も限定的になります。
買取業者も、売却先が見つからない車に高額な査定は出来ないので、買取価格は低くなるのです。
しかし、きちんと修理され走行に支障が無い車を、海外へ輸出する専門業者も多くあります。
事故車を専門に買取する業者なら、一般的な買取業者よりも高い査定をする場合もあるので、売却先を選んで査定を依頼しましょう。

修理前の動かない事故車でも買取先はある

事故の破損で走行が不可の車や長年の放置で全く動かない不動車でも、査定額をつけて買取してくれる業者があります。
事故の場合、修理すれば走行可能のケースは多いですが、修理代で車が買えてしまう事が多いので廃車を選ぶオーナーも少なくありません。
車の廃車には諸経費が掛かりますが、廃車代を差し引きしても多少は手元にお金が残る事があります。
事故などで動かない車を買取する業者は、部品をリサイクルし輸出などで売却するケースが多いです。
破損状態や買取業者によっても査定基準が違いますので、複数の専門業者に査定してもらう方が良いでしょう。

車がどんな状態でも、複数の買取業者に査定してもらう

修理した車でも破損個所によって、事故車扱いで査定額が下がってしまうのか、外装の修理でのマイナス査定になるのかの違いがでます。
買取査定で修理箇所を隠そうとする車のオーナーもいますが、査定を行う業者は毎日何台も車をチェックしているプロです。
修理箇所が有れば、嘘をついても見破られ印象も悪くなりますので、事前申告した方が良いでしょう。
修復歴車でも専門的に買取する業者は多数あり、その中で高い査定額の業者に売却する事をおすすめします。