日常的に車を使っていると、キズがついたりボディがへこんでしまう事があります。
普段乗っている時は、あまり気にならないキズやヘコミも、車を売る時になると少しでも高く買取してもらいたい気持ちになり、非常に気になってしまいます。
現状のまま査定を受けた方が良いのか、修理に出した後に査定を受けた方が良いのか迷う方も多いと思います。
結論から言うと、自分で消せる細かいキズなら修理して、修理に出さなければ直らない大きいキズやヘコミなら、そのまま査定を受けましょう。

キズやヘコミは査定前に修理した方が高く買取してもらえるのか

ポイント

修理代が掛かるキズやヘコミは直さない。

細かなキズはコンパウンドで消せる。

キズやヘコミよりも重要な査定基準が有る

車を査定する場合、キズやヘコミも評価の対象ですが、もっと重要なのが中古車として高く売れる車種・年式や走行距離です。
どんなにピカピカなボディの車でも、新車登録から年数が経った車は査定基準が低くなります。
そして、中古車でキズ一つ無い車はありませんので、あまり気にせず査定を受けてみましょう。

ボディのキズやヘコミの修理代は高い

ボディに目立つキズやヘコミが有る場合、ボディが錆びる恐れもあるので、長くその車に乗るなら修理した方が良いでしょう。
しかし、査定前だから修理に出してキレイにしておこうと思って直すなら、そのまま査定を受ける事をおすすめします。
なぜなら、車のキズやヘコミを直すと修理代が結構かかります。
例えば、10万円掛けてキズを直しても、その分査定額が高くなることはありません。
また、あまり安い修理ですと、塗装にムラが出て逆に査定額が下がる事も有るので注意しましょう。

細かなキズならコンパウンドで落ちる

ボディのちょっとした擦りキズなどは、気が付いた時にコンパウドというワックスのような研磨剤を使うとキレイに取れます。
ドアノブ付近の細かなキズは、年数が経った車によく見られますが、気になるようなら落としておきましょう。
コンパウンドの使用には、ちょっとした注意が必要です。
コンパウンドは、塗装の表面に付いた細かなキズを薄く削ってキレイにする研磨剤です。
種類も荒目や細目といったものがあり、あまり強く擦りすぎると塗装が剥げてしまう事もあります。
カーショップのワックスコーナーで売っていますが、初めて使う方は店員さんに相談して、キズの状態にあったものを購入して下さい。

無理にキレイに見せる必要はありません

査定前は、少しでも高く売る方法をいろいろ考えますが、年式や車種である程度の査定額が決まり、他の部分で細かな評価をされます。
キズやヘコミは、一番目立つ部分なので気になりますが、修理代を掛けてまでキレイにする必要はない部分です。
ボディに多少キズが有る車でも、内装が非常にキレイなら差引ゼロぐらいの評価を貰えます。
お金を掛けないメンテナンスで、査定評価が高くなる部分はいくらでもあります。
まずは、現状でどのぐらいの金額になるのか、査定を受けて見ましょう。