車をローンで購入し支払い期間中の車を買取で売りたい場合、ローンの残債を完済すれば売却できます。
ローン残債以上の査定額で車を売ることが出来れば、差額を受け取る事が可能です。
逆に、ローンの残債よりも、査定額が低い場合、残りの金額を現金またはローンの組み直しで支払いすれば車を売却できます。
但し、車の所有者が誰なのかによって、売却手順が変わりるので確認が必要です。

ローンが残っている車は売れるのか

ポイント

ローンが残っていて車でも売却できる。

面倒な手続きは買取店が代行してくれる。

車の所有者を確認する

ローンを組んで購入した車は、車検証の所有者の欄が本人以外になっていることがあります。
信販系ローンやディーラーローンの場合、所有者の名義がローン会社や購入先のディーラーになっていることが多いです。
このような場合、車を売却する時にローンを完済する必要があります。
銀行のオートローンを利用して、車を購入している場合、所有者が本人になっているケースが多いです。
この場合、車を売却しそのまま残ったローンを払い続ける事が可能です。
まず、車検証の『所有者』と『使用者』の欄を確認してみましょう。

所有者がローン会社の場合、どのような手続きが必要なのか

車検証の所有者がローン会社などの場合、使用者である車のオーナーは勝手に車を売却することが出来ません。
残っているローンをすべて返済すると、所有権留保を解除する手続きができ、自分名義になり車を売却できるようになります。
この手続きの流れは、買取店側で行ってくれる事が多いです。
査定額が、ローン残債よりも高い金額なら、一括返済後の差額が買取店からオーナーに支払われます。
逆に、ローン残債よりも査定額が低い場合、買取店で残債に対してローンを組み直したり、現金で支払いする事で車を売却できます。

ローンが残っていても買取店が手続きしてくれるので売却は簡単

ほとんどの買取店は、ローン残債が有る車でも、買取してくれます。
また、所有権留保を解除する手続きも行ってくれます。
査定額が残債よりも低い場合でも、提携ローンを利用した組み換えなどの相談に乗ってくれますので、悩まず査定を受けてみましょう。