せっかく買取で車を売るなら、少しでも高い査定で売却したいと、みなさん思われるでしょう。
買取店は全国にたくさんありますが、買取したい車がそれぞれ違います。
車種や車の年式など、いくつかのパターンによって、買取店が好む車が分かれるので、理解してから査定依頼する業者を選びましょう。

車に合った買取店を選んで高額査定で車を売る

ポイント

査定先に迷ったらまずは一括買取査定を利用する。

専門店の買取でも複数業者の査定を受ける。

比較的走行距離が少なく年式が新しい一般的な車

普段からよく見かける人気車種など、一般的な車で年式が比較的あたらしいかったり、走行距離が少ない車なら、まずは大手の買取店を利用しましょう。
全国で買取を行う大型の買取店は、自社で中古車販売しているケースが多く、中古車として売りやすい車を常に探しています。
買取で車の状態を査定する基準は、どの業者も同じですが、中古車としていくらで売れるかによって高額査定になるか決まります。
買取店が車を仕入れてから、中古車として販売する期間が短いほど、在庫のコストもかからないので利益を多く出せます。
大型の買取店は、販売ルートが確立しているので、仕入れた車がどのぐらいの期間で売れるかのメドも立ちやすくなっています。
その分、他の買取店と1台の車に競合した場合でも、すぐに売れる車なら高額査定してくれるのです。

スポーツカーやドレスアップしたミニバンなどマニア向けの車

車を個性的にカスタムして楽しむオーナーも多いですが、純正オプションパーツではなく社外パーツでカスタムしている車は、カスタム車を専門に扱う販売店の買取査定を受けた方がよいです。
エアロパーツでドレスアップしてる車は、取付の際に追加の穴あけ加工をしてる事も少なくありません。
一般的な買取査定では、追加の加工はマイナス評価です。
専門店の場合、中古車を購入するニーズとマッチする車なら状態を理解して査定してくれます。
また、パーツそれぞれの価値も理解して、査定してくれるのでプラス評価になることも多いです。
スポーツカーも同様に、車の状態に詳しい専門店に方が高額査定を狙えます。

輸入車

買取で輸入車の査定をしてもらう場合、車のメーカーや年式により査定額に違いがある為、慎重に売却先を選んだ方がよいです。
輸入車は、中古車のニーズが国産車に比べてそれほど多くないので、買取しても販売ルートがしっかりしていないと、不良在庫になってしまう事があります。
その為、積極的に輸入車を買取する業者は、あまり多くありません。
輸入車を専門に中古車販売する買取店など、取扱いになれている業者の査定を受ける事をおすすめします。

年式が古い車や走行距離が多い車

下取りで査定額がゼロに近いような古い車や、走行距離が10万キロを超えている車は、販売を行う買取店よりも買取を専門に行う業者の査定を受けた方がよいです。
買取専門業者は、引き取りした車を国内のオークションに出品したり、海外へ輸出したりと販売ルートが豊富です。
国内では、価値がない車でも、新興国に中古車として輸出するなど利用価値があるのです。

査定先に迷ったらまずは一括買取査定を受ける

自分の車に合った買取店の探し方がよくわからない場合、まずは一括買取査定を利用してみましょう。
一括買取査定には、全国対応の大手買取店から、車種を限定して買取する専門店や、買取のみを行う業者まで多くの企業が参加しています。
車の簡単な情報を送ることで、その車を買取したい業者が査定してくれるので高額査定も狙えます。