新車購入時に追加できる純正オプションパーツや、購入後に社外パーツに交換してドレスアップや車の性能を向上させているオーナーも少なくないと思います。
人気車種の場合、純正オプションパーツ以外にも、様々なメーカーからカスタムパーツが発売されているので、少しずつパーツ交換して車を楽しめます。
しかし、社外パーツを装着している場合、車を売る時は純正パーツに戻してから査定を受ける事をオススメします。

純正オプションと社外パーツでは買取査定の評価が違う

ポイント

社外パーツに交換した部分の純正パーツは保管しておく。

オプションパーツが多い車は多くの業者に査定してもらう。

純正オプションパーツは幅広い層のユーザーに人気がある

新車購入時にしか追加できない『メーカーオプション』が装備されている車は、プラス査定になりやすいです。
メーカーオプションは、生産工程のなかで追加されるサンルーフやエアバックなどの事を言います。
また、外装のエアロパーツやカーナビゲーション・アルミホイルといったディーラ―オプションも査定の評価は高くなります。
メーカー純正のオプションパーツがたくさん装備された車は、中古車市場でも人気が有ります。
純正オプションは、年齢層を選ばないデザインや操作性のものが多いので、中古車としても売り易いのが特徴です。
その為、自社で再販をする買取店から、業者間のオークションに出品する買取専門業者まで高額査定が期待できます。

社外パーツは限られたユーザーの中で人気がある

最近は、多くの車用に純正以外の社外パーツが販売されています。
外装をカスタムするエアロパーツから、マフラーやサスペンションなど自分の好みに車を改造して楽しむオーナーも増えています。
社外パーツに交換するオーナーは、純正オプションパーツでは満足できない方が多く、改造にもそれぞれ個性が出ます。
その為、中古車で次のユーザーを探すのに時間がかかるケースが多く、一般的な買取では査定が低くなりがちです。
社外パーツに交換している車でも、取り外した純正パーツが保管されていれば、査定に問題はありません。
しかし、エアロパーツなどの取付で、追加の穴あけ加工をしていたりすると査定額が下がるので注意が必要です。
社外パーツで改造された車は、カスタム車を専門に買取する業者の査定を受けた方が、パーツの価値を理解していたり、買取後の販売先も確保しやすいので高額な査定をしてくれます。
専門店の場合、それぞれ査定の基準が違うケースもありますので、いくつかの業者に査定を依頼しましょう。
また、人気が高い社外パーツなら、車は純正パーツに戻して査定を受け、パーツ単品でオークションやパーツの買取店に持ち込んだ方が高い値段で売れます。

買取査定ではパーツの価値よりも車全体を評価する

メーカーオプションは別ですが、ディーラーオプションでも社外パーツでも、車が古くなればパーツ自体の価値はそれほどなくなります。
やはり、中古車としてどのぐらいの値段で売れるかが重要な査定ポイントになります。
人気車種の場合、中古車の台数も多く、同じようなオプション装備の車が多ければ、査定額はそれほど上がらないでしょう。
また、社外パーツでカスタムされた車でも、トータルバランスがよくマニア好みに仕上がった車なら、買取先次第で高額な査定を受ける事が可能です。
純正でも社外パーツでもオプション装備が多い車は、査定する買取店によっても査定額に開きが出るケースが多いので、なるべく多くの査定を受ける事をオススメします。