査定を受ける前は、車をキレイにしておいた方が買取業者へのイメージが良くなります。
特に洗車や車内清掃は、重要なメンテナンスです。
しかし、査定前に車を洗車したからといって、査定額が高くなるということではありません。
中古車として販売する為に買取する業者は、査定する車がどのぐらい大切に扱われていたかをチェックします。
ボディや内装がキレイな車は、オーナーの車に対する愛着度を測れる手段として非常に重要なのです。

査定前のメンテナンス次第で車が高く売れる

ポイント

洗車してキレイな車はオーナーの愛着が感じられる。

車内の汚れや臭いは査定に影響する。

洗車で輝くボディをアピールする

車の日常的なメンテナンスの中でも、愛着度が現れるのが洗車です。
毎回、丁寧な洗車とワックス掛けをしている車は、査定士が見ればすぐに気づきます。
査定額に影響が出ないとは言え、汚れがひどい車を査定する場合、査定後の不備が無いようにボディの隅ずみまで厳しくチェックします。
その分、査定時間も長くなり、キズやヘコミの見分けも難しくなるのでオーナーへの質問回数も多くなります。
汚れたままでの査定は、デメリットのほうが多くなります。
査定前の洗車では、ボディはもちろんですが、タイヤハウス内やホイールなども高圧洗浄機で汚れをきれいに落としておきましょう。
また、ドアノブ周辺の細かな傷は、ワックスやコンパウンドで落ちる事がほとんどです。
愛車をキレイにして、気持ちよく査定に臨みましょう。

車内のゴミや汚れを清掃し消臭も忘れずに

ボディの汚れと違い車内の汚れは、査定額に影響します。
特に、タバコの焦げ跡や食べこぼしのシミなど、次に車を買う人が敬遠するような状態は、査定額を下げる要因になります。
焦げ跡は、自分でどうにかできる事でもないので仕方ないですが、食べこぼしのシミなどは市販のクリーナーで落ちる事もあります。
まずは、掃除機を使い車内の隅ずみまできれいに清掃し、ダッシュボードや内窓もクリーナ―を使い磨いておきましょう。
また、喫煙車やペットを頻繁に載せる車は、タバコの臭いや動物臭がします。
車内の臭いがあまりひどいと、査定に影響が出ますので日ごろから消臭したり、こまめにエアコンフィルターを交換するなどして、臭いが車内に残らないように注意しましょう。

車への感謝も込めてメンテナンスする

どうせ売ってしまうからという気持ちだど、査定士にも車への愛着度は伝わりません。
今まで乗った車に感謝の気持ちも込めて、丁寧な洗車と車内清掃をしましょう。
買取業者には、仕事とは言え車好きの人が多く、車のメンテナンスを丁寧にしているオーナーには親近感を抱く査定士も多いです。
洗車したから、査定額が上がるのではなく、丁寧に乗っていた車だからという人間的な理由で、気持ち程度でも査定額が上がるかもしれません。