車を買取する業者にも種類があり、それぞれ得意な車種も違います。
買取した車を主に自社の中古車販売店で再販する業者や、買取を専門に行い業者専用のオークションに出品する業者、また事故車や不動車を専門に買取してパーツをリサイクルする業者などがあります。
買取した車の再販や流通先により、得意な車種と不得意な車種が分かれるので自分の車は、どんな業者が得意とする車種なのかを理解して買取業者を選びましょう。

車の買取査定を行う業者の種類

ポイント

車種や年式によって買取したい業者が変わる。

廃車にするような車でも買取してくれる。

中古車販売を行う買取業者

中古車販売する業者には、メーカー系の店舗から中古車専門店や地域密着の中古車販売店まであり、主に自社販売を目的にして買取を行っています。
最近は、車メーカーも下取り車や買取も行って在庫を確保し、中古車販売に力を入れています。
メーカー系の中古車販売店が買取を積極的にする車は、中古車として高く売れる車で、他のメーカー車もそれなりの査定額で買取してくれます。
そして、全国展開してチェーン店で中古車販売する業者も、人気車種や走行距離が少ない年式が新しい車を好みます。
全国に販売網を持っているので、人気車種の在庫をたくさん持っていた方が、中古車販売の売上が伸ばせるので、積極的に探して買取を行っています。
販売店を持つ買取業者の場合、買取して店頭に並べてから販売するまでの期間を短くすることで、メンテナンスコストも抑えられる中古車でも売れ行きが良い人気車種を好みます。
一般的には買取が難しいスポーツタイプのカスタムされた車やミニバンなどのドレスアップ車は、車種や車のタイプを絞って専門的に販売を行う業者が買取を得意としています。
輸入車の場合、国産車をメインに扱う業者は、販売があまり得意ではないので、輸入車専門の中古車販売店が行う買取を利用しましょう。

買取を専門に行う業者

中古車販売はせず、車の買取のみを行う業者も全国にたくさんあります。
買取専門店は、引き取りした車を一般では参加が出来ないオークションへ出品して売却しています。
オークションでの需要は、人気車種などに限らず様々な車に値段が付いて取引されます。
一般的には、古くて需要が無さそうな車でも、オークションでは高額で取引されているケースもあるので、中古車販売系の買取査定で金額が低い場合は、専門業者の査定を受けてみましょう。

事故車や不動車を専門に買取する業者

一般的には廃車にするような事故車や、長い間放置して動かなくなってしまった車を、専門的に買取してくれる業者も存在します。
事故車の場合、修理可能でも金額が高すぎるので、買い替えを検討するケースが非常に多く、このような車は適切に修理を行い修復歴車として販売する事もあります。
また、パーツをリサイクルしたり、鉄くずとして販売したりと引き取った車を様々な方法で売却しています。