車を売却する時に必要な書類がいくつかありますので、チェックしてみましょう。
不備が有る場合、再発行などで時間がかかるケースもありますので注意が必要です。

車の売却に必要な書類一覧

  • 自動車検査証

車検証は、車内で保管している事がほとんどなので紛失は無いと思いますが、念のため確認しましょう。
紛失の場合、管轄の運輸支局で再発行ができます。
ローンで車を購入し、現在も支払い期間中の場合、所有者の名義確認を行いましょう。
所有者がローン会社や購入先のディーラーで使用者が本人の場合、売却時にローン完済の手続きが別途必要になります。

  • 自賠責保険証

自賠責保険証は車検時に保険の更新を行う事が多いので、車検証と一緒に保管しているケースがほとんどです。
紛失の場合は、保険会社に連絡を取り再発行が必要です。
また、更新期限が過ぎている場合、未加入状態となりますので車を売却する事は出来ません。

  • 自動車税納税証明書

自動車税は、年1回の支払い義務がある税金です。
未払いの場合、車を売却出来ません。
払い忘れや紛失等、自動車税納税証明書が無い場合、管轄の運輸支局・自動車税管理事務所で再発行や支払いを済ませましょう。

  • 実印と印鑑証明書

車の名義変更を行う際に、譲渡証明書に実印を押印し、確認の為に印鑑証明書が必要になります。
印鑑証明書は、実印を登録している市区町村で3カ月以内に発行されたものとなります。

  • リサイクル券

新車購入時に支払いを済ませている事が多い、リサイクル料金を証明する書類になります。
車検証や自賠責保険証と同じファイルに保管している事が多いので、確認してみましょう。
紛失している場合、『自動車リサイクルシステム』のホームページから自動車リサイクル料金の預託状況の発行が可能です。

  • 委任状

名義変更などの手続きを、買取店に委託する場合、必要な書類です。
買取契約の際に、売却する業者が用意してくれます。

  • 譲渡証明書

車を売却するときに、必要な証明書類です。
買取契約の際に、売却する業者が用意してくれます。