車の買い替えなどで、愛車を売却する手段として利用される機会が多い、『買取』と『下取り』ですが、車の査定金額に大きく違いが出る事が有ります。
大切に乗ってきた愛車を売るなら、少しでも高い金額で引き取ってもらいたと誰でも思うはずです。
同じ車でも、『買取』と『下取り』の仕組みの違いで、査定額が変わってしまうので、売却先は慎重に検討した方がよいでしょう。

ポイント

買取は中古車としていくらで売れるかを評価。

下取りは、その車種の相場に基づいた評価。

車を売る時の買取査定と下取りの違い
  • 買取のポイント

買取とは、新車や中古車を購入する販売店とは別の業者に車を売却する事を言います。
買取を行っている業者には、中古車販売店から買取専門店まで様々な形態のお店があり、買取した車の流通先は、自社販売から業者専用オークションへの出品や海外輸出まであります。
業者ごとに買取したい車種が違うので、下取りで査定額が低い車でも買取業者を選べば、それなりの金額になるケースが有ります。
また、社外パーツで改造している車両は、下取り価格がかなり下がりますが、専門的にカスタム車両を扱う買取店なら逆にプラス査定になります。
このように、それぞれの業者が独自の流通ルートで売却が見込める在庫リスクも少ない車種を買取するので、下取りよりも高額査定になり易いのです。

  • 下取りのポイント

下取りとは、新車や中古車を購入するディーラーや販売店に、今乗っている車を引き取ってもらいその代金を車の購入資金に充てる事です。
買取と違い、複数の業者で査定を受ける事は出来ません。
その為、査定額が低くても金額についての交渉はほとんど出来ません。
下取りの査定は、車種や年式ごとに決まった査定額から、車の状態によって評価していく為、査定額も平均的な金額になりがちです。
下取りのメリットは車を購入する店舗に車を引き渡すので、納車と引き換えにできて手間もなく便利です。

あなたなら『買取』と『下取り』どっちを選ぶ?

下取りは、車を購入するディーラーに引き取りしてもらうので、面倒が少ないイメージがあります。
買取の場合、自分で業者を探して査定を受けて、複数の業者から売却先を選ぶ事になります。
少しでも車を高く売りたいオーナーは、複数の買取業者に査定してもらい、査定額が高い業者に売却した方がよいでしょう。
買取でも、新車の納車日に合わせた車両の引き取りに応じてくれる業者も多くなっていますので、査定時に相談してみましょう。
車の査定や引き渡しに時間を掛けたくないオーナーは、買取よりも下取りで車を引き取ってもらう方が簡単で便利です。
査定額は低くても、手間が少なく面倒がない方法を選ぶなら、下取りがおすすめです。

自分が納得がいく手段で車を売却するのが一番

買取と下取り、どちらにもそれぞれメリットがあります。
愛車の価値を理解するためにも、まずは下取りと買取、両方の査定を受けて金額を確認してみましょう。
その上で、車の売却に関して、あなたに一番メリットがある方法で車を手放す方がよいでしょう。